So-net無料ブログ作成
検索選択

「筋少ニューアルバム発売してまして」

筋肉少女帯のニューアルバムが発売になっています。まずはオリコンデイリーチャート初登場6位とのこと。デイリーヤマザキじゃないです。皆様のおかげです。ありがとうございます。

赤坂ブリッツでの発売記念ライブも盛況でした。大阪名古屋もよろしくお願いいたします。

新譜は、ジャケに江戸川乱歩先生「蜘蛛男」ポプラ社版イラストを使用させてもらいました。

今年は先生の生誕120周年。最近出たムック本「江戸川乱歩の迷宮世界」を読んだんですが、かつてなら乱歩特集本と言えばちょっと文芸よりで耽美な雰囲気を強調するものが多かったところを、「乱歩美女ベスト30」とか「梶原一騎から仮面ライダーまで昭和ヒーロー」との比較とか、ノリが軽いというか、今読むとちょっと笑っちゃうとこもあるんだよなぁ乱歩って、でもいいんだよね、ってテイストで作られていてとても共感しました。この感じ、少年の頃に夢中になったオカルトやプロレスに対しての現在の想いと共通するところがあります。あ、ロックもそこに入るか。

ロックと言えば先日「TOKYO TRIBE」という映画を観たんですが個人的にガガーン!とショックを受けました。

全編ラップのミュージカルです。内容は若者たちのヴァイオレンス。
こういう映画における音楽は昔ならロックミュージックがガンガン流れるものだったし、実際トミーとか爆裂都市とか少年の頃にそういうロック(的)映画を沢山観てきて「このよさをわからないから大人はやだよ」とか思っていたはずが、え!今はそういう役どころをロックじゃなくてラップがやってんだぁガガーン!って、この「オレ旧ジェネレーション?」みたいなガガーン!て感じがすでにもう15年くらい遅れてるのかもわかんないんだけど、素直に驚いたということを告白しておきたかった。したらスッキリしました(笑)ラップもずっと聴いていたらいいですねかっこいい。

主演の清野菜名さんと映画秘宝で対談しました。その清野さんがヌイグルマーZの武田梨奈さんと共演している「少女は異世界で戦った」もおもしろかった。アイドルグループが実は異世界の戦士チームでもあり、活動の途中でみんなで温泉にも行く、という、男子の夢がギッチリのストーリーなんですが、これ、現代のアイドルグループは男子の代わりに現代社会を戦っている仮想代理戦闘集団なのだ、みたいな考えをまさにそのもの視覚化した映画とも観ることができるかもしれないわけで、うーんなるほど、と思ったら、あ、金子修介監督作なんだ(エンドロールで気付いたという)。それはするどいわけです。

あと映画だと「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」が楽しかった。ウォークマンから映画が始まるって、40代殺しですよその小道具は。ロックもガンガン流れるしね。

、、、あ、今連絡入ってオリコンウイークリーチャート初登場10位とのこと。ベスト10入りですか筋少。よかったですね。ロックもまだまだがんばってるなぁ。ありがとうございます。

IMG_4327.jpg


2014-10-14 13:49  nice!(7)  トラックバック(0) 

nice! 7

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。